関西100名山 局ガ岳
2008年3月13日
三重県飯高地方の 局ガ岳(つぼねがたけ)に登りました。
愛称:《おつぼねさん》 関西100名山  1029m

“伊勢の槍ヶ岳”と称せられる、鋭い山容。この名前は、局(つぼね)が、十二単衣を広げたような姿から来ていると、言われています。
茶畑から、この美しい姿を見ることを期待して行きましたが
あいにくと霧でかすんで、見ることが出来ませんでした。

局ガ岳:局ガ岳・山頂風景 13:25


飯高町から局ガ岳神社の上部へ、ここが登山口です。切り立った山は、とにかく急坂を登るのみ・・・。非常に良く手入れされた檜林の中を、登っていきます。太古の火山だっただけに、岩がごろごろ。途中から、霧が出てきました。
飯高町・案内図 11:15 局ガ岳神社上。ここから登ります 11:43
旧道・登山道を登ります 11:50 手入れされた檜林を登る(右は、崩壊した山すそ)
 11:52
またもや檜林の急坂を登ります 12:04 苔むした岩が、ご〜ろごろ 12:14
大分、霧が出てきました 12:57 岩の道を、注意深く歩きます 12:58



小峠の分岐点を過ぎると、広葉樹。岩も大きくなり、急坂に。
登りつめると、そこは山頂!高見台地の東端にあるだけに、天気がよければ
360°の大展望が・・・期待されたのだが・・・。
小峠から、山頂めざして急登だ 13:10 山頂近くなり、大岩が現れてきた 13:11
霧の中、ひたすら登る 13:17 ここを登りきれば・・・山頂! 13:21
山頂に到〜着。 残雪が、少しだけ 13:22 局ガ岳:山頂風景 13:26



下山は、小峠分岐から、新道経由。とんとんと、まっしぐらに下りていきます。
下の登山口には、“熊出没に注意”と、書いてありました。温泉は、“道の駅”にある
《いいたかの湯》へ!きれいで清潔な、お湯でした〜ゆったり。
下山は、小峠分岐から、新道へ下ります 13:47 下りは、とんとん・・・と 13:56
手入れされた、檜林の中を、ジグザグに下りる 14:16 登山口へ到着 14:29
うっすらと、《高見山》が、見える 14:39 “椿の滝コース”登山口は、ここだ 14:40
“道の駅・飯高(いいたか)”に、温泉 15:28 “道の駅・飯高(いいたか)”・・
いいたかの湯・露天風呂 16:08