関西100名山 千ガ峰
2008年12月15日
  兵庫県の中央部(“日本のへそ”西脇市の近く)
 にある、千ガ峰(せんがみね)に、一緒に登りましたね。
 千ガ峰は、東播磨地方最高峰。 999の谷があり、数多くの峰が
 あったことに由来する山名だそうですが、頂上の岩座で雨乞い
 の仙人が降りた峰という意味が込められたとも言われている。

 関西100名山。 1005m
千ガ峰の、どっしりとした山容 (多可町・寺内付近から) 9:34

今回は、市原峠と三谷登山口に、それぞれマイカーを置き、三谷登山口から山頂へ。
山頂からは、稜線を市原峠への縦走。

登山口から山道に入り、渓流沿いに登っていく。雌滝・雄滝を見ながら登っていくと、杉林から広葉樹林に、そして杉林の中の急登となる。 次は丸太階段の急登となる。杉林を出て、少しづつ展望が開け、岩座神コースとの出合。
一番奥が、千ガ峰 (門村バス停付近から) 9:46 あそこから、左折すれば・・三谷登山口 9:49
三谷登山口手前の風車 (ハーモニーパーク上)
 10:45
三谷登山口の駐車場に到着 10:55
記念撮影・・三谷登山口にて 11:00 “雄滝まで20分” 表示があり、安心 11:02
丸木橋を渡り、渓流沿いに登っていく 11:05 渓流に沿って、杉林の中を登っていく 11:12

雄滝・雌滝の表示 11:13
広葉樹の、枯葉の道を歩き、登っていく 11:29 杉の木の間から、雄滝・・ 11:18
2丈から1つになった滝・・ 11:37 高い段差の岩を登ります 11:38
杉林の急坂になります 11:47 急坂を登っていく。 
ふりむくと、視界が開けてきた 12:03

分岐点で一息入れ、山頂への登りとなる。 左側は檜林、右側は広葉樹の尾根道をひたすら登っていく。 広葉樹は、コナラ・リョウブ等なので落葉で隙間が明るく、青空が映え、枯葉の上を歩いていく。クマザサが現れ、すべりやすい急坂を登りきると、展望が開けて、山頂!
岩座神コースとの合流点・分岐に到着 12:05 リョウブ・コナラの広葉樹林の尾根を登っていく 
12:10
青空の中、コナラの多い尾根道を登っていく。 
12:11
コナラの樹林。 尾根道を、ひたすら登る 12:14
“山頂まで20分”の標識で、元気づく 12:25 道の右側には、山頂から流れる山裾が 12:29
最後の急坂・・・両側は、クマザサ 12:36 あと少し・・と、気力を振り絞って、急坂を登る 
12:38
やった! あれで山頂だ 12:46 山頂に到着! 12:47

 山頂からは、広大な眺望、360°!  周りには、笠形山・段ガ峰などの山々が、一望でしたね。 でも、いままで青空だったのが、雲が多くなり、とたんに寒い〜。 広い山頂で、昼食。12本爪アイゼンを着けて冬登山訓練中の女性とも会えましたね。
千ガ峰・山頂風景。 北斜面には、うっすらと残り雪が 12:51
360°の展望。 北方を遠望 12:48 山頂風景。 北斜面には、残雪 12:49
360°の展望。 北西を遠望 12:51 記念撮影 千ガ峰・山頂にて 12:53

山頂で展望を楽しんだあとは、市原峠への稜線歩き。 クマザサのなだらかな、でも、すべりやすい道を展望を楽しみながら・・。 途中からは、コナラなどの木々が出て、落ち葉の上を下山で・・市原峠。 マイカーで、最初の三谷登山口・駐車場へ。 そこには、白い花芽を持ったミツマタの木が・・。冬を過ぎ、春になると、この花芽が一面に黄色くなるのです。(ミツマタは、和紙の原料)麓の加美町は、昔から“杉原和紙”の産地として有名なのでした。
千ガ峰・山頂から、市原峠への尾根道を望む。 13:34
いざ下山。 市原登山口に向って、稜線を縦走 
13:31
市原峠へ向って下山。 
振りかえって、山頂を見上げる 13:34
クマザサの稜線を、市原峠へと下りていく 13:39 稜線縁の馬酔木(アセビ)。 
すでに花芽を持つ 13:46
稜線にも、高度下がるにつれ、リョウブが増えてきた
 13:46
千ガ峰山頂を仰ぐ。
左・馬のたてがみのようなのが檜林 14:04
稜線から見下ろすと、市原峠への林道が、はっきり 
14:06
落葉の稜線を、ゆるやかに下っていく 14:10
記念撮影 下山時 (市原登山口にて) 14:21 ミツマタの木に花芽。 春になると黄色の花になる 
(三谷登山口・駐車場よこ)14:53