関西100名山 大江山
2008年7月24日
 好天の間にと、京都府丹後山地にある、大江山(おおえやま)に
 出かけました。
  花の百名山(オオバギボウシ等)。  関西100名山。

 大江山は、主峰の千丈ケ嶽を指して言う場合と、鳩ケ峰や鍋塚
 などの峰を含めた総称として言われる場合があります。
 が、なんといっても、千丈ケ嶽〜鳩ケ峰〜鍋塚と、縦走して
 初めて、その良さがわかるということで、鬼嶽稲荷神社から登り
 縦走して神社に戻るコースを歩きました。
大江山:千丈ケ嶽・山頂! 9:56



何と言っても、主役は花! 縦走の道端に、ピンクのタカネヒゴタイ、紫のウツボクサなどが
次から次へと現れます。 さすがに、“鬼の山より、花の山”。 一場所に咲き乱れるというよりは、道縁にポツリポツリと咲いているので、その分、見つける感動が多くなります!

オオバギボウシの見ごろが、6/末〜7/末ということで、7月を狙いましたが、見ごろは過ぎたよう。でも、ちゃんと咲いていましたヨ。
《野の花 ウツボグサ》 
(千丈ケ嶽から鳩ケ峰へ) 10:01
《高山の花 タカネヒゴタイ》 
(千丈ケ嶽から鳩ケ峰へ) 10:18
《山の花 アキカラマツ》 
(千丈ケ嶽から鳩ケ峰へ) 10:21
《山の花 白ユリ (ササユリ? テッポウユリ?)》 (千丈ケ嶽から鳩ケ峰へ) 10:24
《山の花 シモツケ》 
(千丈ケ嶽から鳩ケ峰へ) 10:26
《高山の花 カンチコウゾリナ》
(鳩ケ峰・山頂) 10:29
《山の花 オオバギボウシ》
(鳩ケ峰・山頂にて) 10:40
《山の花 オオバギボウシ》
(鍋塚鞍部からの林道沿い) 12:39
《山の花 ハグロソウ》
(鬼嶽稲荷神社への林道沿い) 12:46
《野の花 ネジバナ》
(鬼嶽稲荷神社への林道沿い) 13:17



   青鬼・赤鬼に導かれて車を走らせて到着した鬼嶽稲荷神社
   裏の登山口から、山頂・千丈ケ嶽に登ります。
   ブナ・ミズナラ・カツラ・リョウブなどの広葉樹が多く、清々しい。
   下草や道縁にササが多くなって、登りつめると、千丈ケ嶽。
   高原的な風景が広がり、加悦町方面の展望は、すばらしい!
青鬼が、お出迎え(二瀬川渓谷沿いの道路にて)
 8:45  
鬼嶽稲荷神社 (宮司さんが、お掃除中) 9:14
鬼嶽稲荷神社の駐車場奥が、登山口 9:17 登山口から登り始める。
鬼嶽稲荷神社を眼下に 9:18
登り始める。ブナ・ナラなどの広葉樹原生林がきれい 9:22 階段を登る。 この付近は、リョウブが多い 9:25
双峰からの分岐合流点 9:41 千丈ケ嶽(大江山) 山頂! 9:54
大江山:千丈ケ嶽・山頂にて、東方の加悦町方面を見る 9:56



   鳩ケ峰へは、千丈ケ嶽から北へ尾根歩き。 一旦、下って樹林帯の尾根道を歩きますが、高度が上がるにつれて、ササが多くなり、道縁に、次々と“お花”が現れます。
   鳩ケ峰山頂では、360°の展望! しかも、山頂周りには、お花が一杯!
千丈ケ嶽から、北方へ、鳩ケ峰を目指す 9:58 “鳩ケ峰へ500m” 尾根道を歩く 10:10
鳩ケ峰への道縁には、タカネヒゴタイや、
ウツボグサが 10:16
鳩ケ峰近く、振り向くと、千丈ケ嶽 10:28
鳩ケ峰・山頂にて、北方の加悦町方面と鍋塚を遠望 10:32




  鍋塚へは、鳩ケ峰から一旦鞍部へ下り、登り返します。 鍋塚の高原的な雰囲気を味わった後、(雲が多くなり雷雨予報だったため)鞍部に戻り、林道を鬼嶽稲荷神社へと戻りました。

  鍋塚から、歩いてきた道を眺めるのは、爽快でした!
  “大江山で縦走した”喜びが味わえましたヨ。
鳩ケ峰・山頂にて、前方には、今から登る鍋塚 
10:35
鳩ケ峰から鍋塚鞍部へ下っていく  10:51
鍋塚鞍部に到着。 目指すは、正面の鍋塚 11:02 鍋塚鞍部から、鍋塚へ向う 11:19
鍋塚への登り途中、鳩ケ峰・千丈ケ嶽を振りかえる 
11:29
鍋塚へは、ひと登り 11:29
鍋塚山頂に、到着 11:40 鍋塚山頂にて、鳩ケ峰・千丈ケ嶽など、
歩いて来た道を振り返る 11:45
鍋塚・山頂にて、加悦町を俯瞰する 11:44





 大江山は、鬼の山として、有名です。
 伝説内容はともかく、青鬼・赤鬼が出迎えてくれます。
 昼間では、出会うと“ここまで来た!”と、心強かったですが・・・  もし夜間なら・・?
鬼嶽稲荷神社への林道。アオオニが居た! 13:01 鬼嶽稲荷神社への林道。アカオニだぁ。 
もうすぐ神社だ! 13:16
平成の大鬼瓦 ・・・(“酒呑童子の里”にて) 13:49 “酒呑童子の里”案内 13:51
日本の鬼の交流博物館 (“酒呑童子の里”にて) 
13:51
大江山登山口・・と書かれた分岐 13:54