関西100名山 妙見山

2007年10月10日 妙見山に登りました。  関西100名山。単なる妙見山というよりは、《能勢の妙見さん》と呼ばれ、日蓮宗・西の総本山として知られています。 庶民信仰の山の雰囲気があたりいちめんに漂い、元気が出ます!
妙見山:山頂・展望台より 15:02


樹林に包まれた尾根道には、天保7年の銘が刻まれた灯篭も見られました。 途中、黄色い筒が規則正しく立っていましたが、それは広葉樹の植樹をしているものでした。杉林から、広葉樹への変更・・作業をしていたのでした。
妙見山:上杉尾根登山口・標識 13:52
妙見山:秋の陽射しを、木々が受ける山道を登ります 
13:58
妙見山:道端に、灯篭が・・。 天保7年の銘。
 14:04
妙見山:八丁茶屋跡(約半分だぁ) 14:20 妙見山:植林の黄色い筒と、景色を見ながら
 14:27


一風変わった信徒会館(休憩所でもある)の横、展望台からは大阪の街までも、見渡す事が出来ました。
妙見山:能勢妙見 参道入口 14:50
妙見山:能勢妙見 信徒会館 14:54 妙見山:日蓮宗・西の総本山 能勢妙見宮 14:57
妙見山:能勢妙見のご神水 “歌右衛門の浄水”
とも言われる 14:58


妙見山:妙見山の三角点 15:04