関西100名山 三峰山
2014年2月11日  三重・奈良県境の三峰山(みうねやま)へ登った。
  今回で6回目。 今日は、良い日だった! 寒気の翌日、青空の好天。
  「木曽御嶽山ビューポイント」では、初めて肉眼で見えた!(私のカメラ
  では写せず)。 霧氷のトンネルを歩くと・・山頂の景色が拡がる。
  八丁平も、きれい!  霧氷の世界に浸った。

  関西100名山  1235m
三峰山・山頂風景。(周りの霧氷がきれい) 13:25
おぉ、何年も来て、初めて木曽御嶽山が見えた!!
(写真に写っていないが、肉眼で、はっきり) 13:15
きれいな霧氷のトンネルを歩いていく!
 13:19
三峰山・山頂からの眺望。 13:22 八丁平風景。 13:33
八丁平のシンボル・霧氷の樹。遠くに台高山脈を眺める。 13:34
八丁平風景。周りの霧氷を見回す。 13:34 

関西100名山 三峰山
2012年2月10日  三重・奈良県境の三峰山(みうねやま)へ登った。
  今回で5回目。寒い日が続いていたが、本日は青空の好天。造林小屋
  を過ぎても木の枝には雪がなく、まったく霧氷をあきらめていた。
  が、なんと・・!山頂付近に来ると、『えびの尻尾』霧氷が残っていた
  ではないか!
  青空の下で、霧氷の世界に浸った。

  関西100名山  1235m
青空の霧氷は幻想的 (山頂付近) 12:47
シロヤシオの木々隙間から青空!
霧氷がないが、これもきれい!12:37
霧氷の別世界。 青空を見上げる〜 12:47
八丁平にて、後方を見る。 
青空がきれい・・うららか 13:02
八丁平は強風の名所。 雪の風紋。 13:03


関西100名山 三峰山
2011年2月9日  三重・奈良県境の三峰山(みうねやま)へ登りました。
  今回で4回目。最初(2008年)の霧氷の感動をもう一度味わいたい
  と願ったのです。暖かい日が続き、霧氷をあきらめていたのですが、
  再寒波到来。登山口では雨だったのが、登るにつれ風雪!
  強い風に吹き付ける雪で、あたり一面の雪景色と、『えびのシッポ』
  霧氷を見ることが出来ました! 写真は、霧氷中心。今までのと
  比べてみてください。
  関西100名山  1235m
造林小屋から山頂へ向かう。 
雪が横殴り 13:06
強い風雪。 
霧氷のトンネルの中を、山頂に向かう 13:09
霧氷のトンネルの中を山頂に向かう 13:13
山頂の霧氷。 強風で、『えびのシッポ』 13:20 こんなところに、『雪だるま』が・・・ 13:23
山頂から、八丁平へ向かう。 きれい 13:23 八丁平 (強風で有名。 
向かいの台高山脈は見えない) 13:29

2008年5月31日
 三峰山(みうねやま)に、登ってきました。
 今年3回目です。
 1回目が、すばらしい樹氷。 2回目が、樹氷はなかったものの
 白銀の世界。 今回は、山頂近くのシロヤシオの原生林で
 満開のシロヤシオの白い花を見るのが目的でした。

 あいにくと小雨の天気でしたので、“景色”も“青空に映える
 シロヤシオ”も見ることは出来ませんでしたが、
 《原生林の新緑》《シロヤシオの白い花》を見ることが出来
 満足でした。

 写真は、登った時間とは関係なく並べましたので、1回目・2回目と
 比べてみてください。
三峰山:●樹の花 シロヤシオ 13:11


ツツジ属のシロヤシオですが、低木だけではなく、4〜7mの高木にもなります。雪の季節には、すばらしい樹氷を演出してくれた三峰山のシロヤシオですが、この季節でも、《新緑》と《白い花》を見せてくれました。
分岐。近畿自然歩道 (中央構造分離稜を歩く道・・
と、書かれている) 12:40
シロヤシオの新緑・原生林を歩く 12:50
シロヤシオの原生林 (向こうが、山頂) 13:04 樹の花 シロヤシオ (八丁平から下山途中) 13:25


シロヤシオを撮っていたところ、思いがけなく
アカヤシオ も ヤマツツジ も、ありました。
コバイケイソウは、雪で覆われている山なので納得。
樹の花 アカヤシオ 12:54 樹の花 ヤマツツジ 12:56
高山の花 コバイケイソウ 12:58 樹の花 ガクウツギ 
(不動滝コースで下山途中)14:08

八丁平付近には、コバイケイソウが一杯 13:22


《不動の滝》は、水量も多く、
迫力ありました〜!
今度は、燃えるような紅葉を見に、
秋に来たいものです

きれいに手入れされた(下に新緑がある)
杉林を、登る 10:47
杉の根もとのお地蔵さん。 今日は、小雨の中。 11:51
林業小屋に到着。 手前の大ブナが、お出迎え 12:00 不動の滝 14:22

2008年2月21日
 三峰山(みうねやま)に登りました。 先週14日に続いての登山です。
 14日は、すばらしい霧氷を見ることが出来ましたが、今回は暖かくて
 残念ながら霧氷は溶けていました。しかし、1日中快晴という好条件
 に恵まれ、シロヤシオの木々と白銀と青空という、すばらしい景色を
 楽しむことが出来ました。
三峰山:あれが、どっしりとした三峰山!!15:25


朝から真っ青な青空! 途中の景色も楽しみながら、自然と早いペースになりました。
登山口近くの駐車場に到着 10:12 良く手入れされた杉林で、木漏れ日が 10:29
休憩所&トイレに到着!峰々が、青空にくっきり
10:47
トイレからの急階段を登ると、北方に大洞山が・・!
10:52
杉林の合間から、倶留尊山を、くっきり遠望 11:21 お地蔵さんも、今日は暖かそう 11:37
造林小屋に到着 11:47 日陰に入り、霧氷の雰囲気!! 12:30

先週14日は、すばらしい霧氷の世界をさまよった場所ですが
今日は、シロツツジ原生林と青空と白銀を楽しむ場所になりました。
木々に雪がないので、周りの景色も見ることが出来ました。
八丁平では、目の前に、広大な『台高山脈』の山々がくっきり!
青空に、シロツツジ原生林、白銀 このコントラスト!
 12:32
青空・白銀の下、シロツツジ原生林を歩きます 
12:35
山頂にて (鳥瞰図を見ています) 12:49 八丁平に、到着! 左は、台高山脈 12:54
八丁平にて、記念撮影 12:56 八丁平の風景 12:57
八丁平から、山頂方向を見上げる 
12:59
木々の影が美しい (八丁平すぎ) 
13:01
三峰山:八丁平から、台高山脈を遠望 12:57

14日には見ることが出来なかった、高見山の雄姿を見ることが
出来ました!感激! “関西のマッターホルン”と言われているのが
理解できました。 下りは、先週と異なり、“新道コース”を。
シロツツジや、姫シャラの木が多く、その雪道を、気持ち良く歩きました。
登山口へ下りたあとは、林道を、最終場所の“みつえ青少年旅行村”へ。
“関西のマッターホルン”・高見山が見えました!
13:05
馬酔木(アセヒ゛)に、大きいな、つ・ら・ら 13:10
今回は、新道コースを通って、下山。
 きもち良い歩き  13:22
林道を下る。杉は、花粉で茶色に 14:23
神末川の“ケヤキ谷橋” 14:45 みつえ青少年旅行村の、遊具ゾーン 14:53
みつえ青少年旅行村 『ようこそ霧氷まつり』と、
書かれている 14:54
姫石の湯 “木樽の湯”から“露天風呂”
を眺め、あ〜あ 16:02


2008年2月14日 奈良・三重の県境にある三峰山(みうねやま)に登りました。 関西100名山。 1235m

別名 三畝山 山麓の御杖村は垂仁天皇の頃のいわれがあるだけに、古い時代に何らかの意味で“三畝山”の名称が冠され、近代になって“三峰山”となったと推測されている。厳冬期の霧氷が美しいことで知られているので、登りましたがききしにまさる、すばらしい霧氷に遭遇できました。霧氷は、一度つくと何日もそのまま消えないと思われがちですが、その日の夕方には消えてしまうそうです。前夜に霧がでて氷点下になることが条件となるため、確実な予測が出来ないそうです。昨年は“不作”だったとのこと。非常にラッキーでした!!
三峰山:山頂から鳥瞰、左・倶留尊山、右・大洞山 14:02


みつえ青少年旅行村が基地。粉雪が舞う中、良く手入れされた杉林を登っていくと、山小屋風トイレで、一休み。大きな高原台地の山頂付近を見上げます。そこから登るにつれ、青空が見えはじめました。 雪もだんだん多く、周りの木々の枝も、雪化粧に・・・。
造林小屋で、昼食・休憩。
みつえ青少年旅行村に、到着 10:51 この橋を渡ると、登山口である 11:15
ここから登尾ルート。 山上へ3600mの案内 
11:29
雪の中、手入れされ、凛と立つ杉木立 11:34
休憩所&トイレ 山頂付近が、きれい 11:55 峰の頂き付近に、青空が! 12:04
杉木立に、光が・・ 晴れてきたのだ! 12:15 特徴ある、曽爾高原と倶留尊山を、遠望 12:32
さらさらのパウダー状態の雪道を歩く 
12:36
樹間に、ポツンと、お地蔵さん(大日如来) 
12:48
造林小屋で昼食。 でも、とにかく寒い!13:13 大木と、霧氷 (造林小屋の横) 13:15




青空もぐんと多くなりました。 何はともあれ・・・
小屋から山頂、それに八丁平にかけての“霧氷で飾られた白銀世界”を、見てください!!
霧氷の世界を、歩く 13:43 霧氷で飾られた世界です! 13:44
霧氷でイルミネーション。その中を歩きます 
13:46
歩く道も、周りも、さらさらパウダースノー 
13:48
“木曽御嶽山が、年に数回見える”・・
見えたのか不明 13:54
霧氷の幽玄世界で、記念撮影 13:59
山頂に到着! 14:01 山頂にて、鳥瞰図 14:01
左・倶留尊山、右・大洞山(山頂にて) 14:01 八丁平にて、真っ白な樹林に感動! 14:11
山頂からの下り、八丁平は、強風と展望で有名 14:10
八丁平の柱。いかに強風なのか、わかるでしょう 
14:13
八丁平の、シンボル、真っ白な樹の前で記念撮影 
14:17



八丁平から下山にかかる頃、青空が元の雪雲に変わりました。 一転、墨絵の世界に。
下山は、降り積もった雪のお陰で、驚くほど早く不動滝へ到着。
登山口まで、雪の林道を楽しみながら歩きました。
青空が消えると、幽玄な墨絵の世界 14:21 造林小屋に到着 14:42
造林小屋から不動滝コース。杉林の急坂を下山 
14:54
不動滝 (手前に、しめ縄が) 15:29
不動滝下の鉄橋には、長いツララ 15:30 不動滝からの下山道に、鳥居  15:36
このまま、林道を下って、登山口へ向かいます 
15:42
登山口では、“霧氷まつり”の旗が 16:00