関西100名山 行者還岳 
2009年5月27日 大峰山脈にあり、大峯奥駈道(おおみね・おくがけ)に
あり、ひときわ鋭く天を突いて異彩を放つ、行者還岳(ぎょうじゃがえり だけ)に登りました。
西壁が切れ落ち、見る角度によっては、傾いているように見える。
大峰山の開祖・役行者があまりの峻険さに登ることを断念して引き返した
のが山名の由来と言われる。
大川口(おおこぐち)登山口から、行者還岳、七曜岳(1584m)にのぼり
和佐又へとおりる縦走でした。 新緑・シロヤシオ・シャクナゲに満足!
 関西100名山。 1546m
行者還小屋へ登り途中、行者還岳を仰ぎ見る 11:31

登山口から、小さな吊橋をわたる、ここから出発。すぐに、新緑の中の急坂登りとなる。ここは、旧関西電力巡視路である。30分程登ると一つ目の鉄塔跡で小休止。目の前に鉄山が聳える。登る途中で、すぐそれとわかるヒメシャラの大木が現れ、ブナとの広葉樹林が拡がる。 四つ目の鉄塔跡では、前方に、少し傾いた行者還岳・山頂が現れる。 なおも登る途中には、崩れた涸谷を横切る。何も思わず歩いたが、濃霧の時には道が不明になり、注意を要するのだそうな。 シロヤシオの白花、シャクナゲのピンク花、ヤマツツジのオレンジ色花が、時折現れる。山腹の自然林を斜上すれば、行者還小屋。
大川口に到〜着 10:20 吊り橋が登山口 10:26
いざ、新緑の急坂から出発 10:29 ミズナラ・ブナ林の中、ジグザグの急坂を登る 
10:43
ハシゴも、登る 10:45 スパッと割れ目が入った岩の横、急坂を登っていく 
10:48
1つ目の鉄塔跡で小休止。 
目の前に鉄山、その奥は弥山 11:00
登るコブ先は、3つ目の鉄塔跡。 11:17
道の右には、ヒメシャラ・ブナなどの広葉樹林
11:24
4つ目の鉄塔跡から、倒れかかるような
行者還岳・西壁だ! 11:31
奥駈道(おくがけ)が続く大峰山脈。目の前に鉄山、
その奥は弥山 (4つ目の鉄塔跡から) 11:32
新緑の中、崩れた涸谷を通る 11:40
ヒメシャラの木の間を登っていく。 急坂 12:01 自然林の中、山腹を渡り進む 12:08
自然林の中、山腹を斜上して進む 12:17 行者還小屋に、到〜着 12:21

小屋から縦走路を北に行き、ハシゴを登って、行者還岳北の肩(分岐)に出る。そこからは、尾根道を山頂に登っていく。 シャクナゲは、今年は不作の年のようで、時折しかピンクの花が咲いていなかったが、シロヤシオ(ゴヨウツツジ)は、満開! あの白い花が満開で、山稜を覆いつくしている! 歓声が響く!
行者還小屋 12:22 行者還小屋の上方には、行者還岳・西壁が
切り立っている 12:22
小屋を過ぎ、ぐるりと山腹を周って、山頂に向かう。 
カエデの新緑 12:49
行者還岳の南面下。 
大峯奥駈道(おくがけ)の、案内石碑 12:51
行者還岳・山頂方面へは、ハシゴを登っていく。 
12:55
山頂方面への登り。見上げれば、
シロヤシオが満開!13:01
前方には、大峰山脈の、
国見岳・大普賢岳・小普賢岳・・・13:02
《高山の花 バイケイソウ》
(山頂への尾根分岐付近) 13:03
行者還岳・山頂下分岐。 シロヤシオが、満開! 13:04
山頂へは、ここから、尾根道を登っていく 13:04 山頂への、尾根道登り道の横には、
シロヤシオが満開!13:08
うしろを振り向く。 
シロヤシオに歓声あげて写真に夢中 13:08
どうです! このシロヤシオのきれいさは!
 13:09

山頂付近には、(不作のはずの)シャクナゲが、案外多く、きれいにピンクの花を咲かせていましたヨ。 もと来た尾根道を、北の肩(分岐)まで戻る。 登ってきたとき見たシロヤシオは、下るときは、より“周りを覆いつくす”ような咲き方でありました。
行者還岳・山頂風景 13:15
記念写真  東さんと 
(行者還岳・山頂にて) 13:13
行者還岳・山頂の、三等三角点 13:13
山頂付近のシャクナゲの花。 
ここは、多くてきれい 13:14
山頂付近のシャクナゲの花。 きれい!13:15
行者還岳から、尾根分岐に向け下山。
新緑のカエデが美しい 13:17
山頂から、尾根分岐に向け下山。満開というか・・
鈴なりというか・・シロヤシオの花 13:19
シロヤシオが満開の中を、行者還岳・山頂から分岐へ下りていく 13:22
樹の上部まで、満開の、シロヤシオの花 13:24 両側に、シロヤシオ花咲き、新緑が映える尾根道を、
七曜岳に向かう 13:27

 行者還岳・北の肩から、尾根道を七曜岳に進み。七曜岳に登頂後は戻り返して和佐又への分岐。 七曜岳への尾根道では、オオイタヤメイゲツ(カエデ)の大木が樹林を形成し、まさに『カエデ樹林の世界』を歩いていくようでした! 尾根道から両側を見下ろすと、新緑とシロヤシオの白・・・キャンバスに絵を描いたようでした!  
七曜岳・山頂では、大普賢岳や稲村ガ岳がくっきり。
新緑の尾根道を、七曜岳に向かって歩く 13:30 尾根道を、七曜岳に向かって。 
新緑に白のキャンパスのよう・・でしょう 13:31
すごい! オオイタヤメイゲツ(カエデ)
の、新緑・・樹林帯に入っていく 13:38
間違いなく、オオイタヤメイゲツ(カエデ)である 
13:41
樹林帯を進む。 オオイタヤメイゲツである。 (七曜岳に向う尾根道) 13:40
オオイタヤメイゲツ(カエデ)の、
新緑樹林帯を抜けると、バイケイソウが群生 13:42
のぼり坂 13:53
尾根道から、下を覗く。 カエデ・シロヤシオの樹林。
 新緑 13:54
七曜岳・和佐又分岐に到着 14:05
七曜岳に向かって、登る 14:05 七曜岳に向かう。 不作の中にも、ところどころ
シャクナゲが、きれい 14:06
七曜岳・山頂にて、北方、大普賢岳・小普賢岳と続く大峰山脈を望む 14:11
七曜岳・山頂手前の絶壁から下を見下ろす。 
新緑の海 14:07
七曜岳・山頂から、元の分岐へ引き返す 14:14

分岐から無双洞へは、急な急な下り。ブナ・ヒメシャラなどの広葉樹林を下ると、洞窟から水が流れ落ちる無双洞。 ここから、最後の登り返し。岩を登るも、落石しないよう、次の人に当らないよう、注意して登る。 この難所を通り過ぎれば、ブナ林の山腹を・・ 新緑を味わいながらの歩きとなる。 和佐又のコルから、和佐又ヒュッテに。 そこには、ベニドウダンツツジ。
無双洞・和佐又方面に向かって下山。 
急坂だ 14:30
無双洞に向かって下山。 
ハシゴもあり、とにかく急坂 14:33
急坂を、ひたすら下山 14:39 広々とした、ブナなどの樹林帯をおりていく 
14:48
“落石注意”の急坂を下っていく 15:14 下には、無双洞・到着組が休憩 15:17
七曜岳から和佐又への下り。 “無双洞”で、休憩して、英気を養う 15:25
これが無双洞。 水が、洞窟から流れ出ている 
15:22
《山の花 ヒメレンゲ(コマンネングサ)》
(無双洞付近) 15:27
無双洞付近で休憩の後、和佐又へ向かって出発 
15:31
《樹の花 ガクウツギ》 
(無双洞から鎖場への林縁) 15:36
《山の花 フタリシズカ》
(無双洞から鎖場への林縁) 15:39
大きな岩に沿って登っていく 15:51
いよいよ難所。 まずは、一人づつ慎重に、
岩を登っていく 15:59
奇岩の急坂を、あえぎつつ登っていく 16:11
ヒメシャラ・ブナの大樹がある樹林を、
和佐又へ向かって下山 16:37
日本岳・小普賢岳を背景に、
“笙の窟”で歌われた句碑 17:02
《樹の花 ベニドウダンツツジ》
(和佐又ヒュッテ付近) 17:08
和佐又ヒュッテ 17:17