関西100名山 赤坂山
2009年4月23日 滋賀・福井県境にあり、マキノスキー場を裾野に持つ
 赤坂山(あかさかやま)に、登りました。
 時期的に、“春の花”が多いと聞いていったのですが、そのとおりで、
 新緑に浸りながら、道端の可憐な花を数多く見つめることが出来て
 楽しい山歩きとなりました。
 マキノ高原登山口〜粟柄越〜赤坂山〜明王の禿〜三国山〜黒河峠

  関西100名山。  824m。
赤坂山・山頂から、左・三国山を眺める。中央向こうは、黒河越方面 12:53

冬は雪深いマキノスキー場の、マキノ高原から登っていきます。 最初から急な木の階段を登っていくと、勾配もゆるやかになり、あずまやへ。 道端には、コスミレなどの花がちらっちらっと出てきます。
マキノ高原へ直進・・メタセコイア並木(芽吹き) 
10:35
マキノ高原 10:49
マキノ高原から、赤坂山方面を見上げる 10:53
マキノスキー場を、赤坂山・表示に沿って歩き出す
 10:58
赤坂山・登山口。 ここから登り出す 11:05
赤坂山・登山口横に、八重桜が・・満開 11:07 スキー場・ゲレンデに沿って登りだす 11:09
《樹の花 ニガイチゴ》 
(登山口からの木段の横) 11:12
《樹の花 ヤマツツジ》 
(登山口からの木段の横) 11:18
《樹の花 サイゴクミツバツツジ》
 おっ花だ!(登山口からの木段の横) 11:19
木の階段を進む。 急勾配で疲れるも、
花が楽しませてくれる 11:20
雑木林の、新緑が美しい。道は、石畳風 11:41 《山の花 コスミレ》
(あずまや手前の道脇にて) 11:51
あずまや休憩所だ 11:52 《山の花 ナガバノスミレサイシン》
(あずまやを過ぎた道脇) 11:55

あずまやを過ぎると、沢沿いの道。 石畳の道を、ジグザグにゆっくりと登っていく。 石畳は、昔からの峠道のおもかげを残す歴史道なのだ。 新緑の中、暖かい道沿いでは、オオイワカガミ・イカリソウ・カタクリ・オオバキスミレなどの花々・・オンパレードである。(一緒になった人の話では、イワウチワが咲き、次にオオイワカガミの順なので、オオイワカガミは、いまから満開になるところだそうな)稜線尾根分岐が、粟柄越。ここから北風の強風が吹き、寒い!
天気が良くて、新緑がきれい。 
歩く速度も早くなる 11:56
昔の峠道の面影を残す、石畳のある道を登っていく。
 手前はオオイワカガミの「葉」 12:00
《山の花 オオイワカガミ》 
あそこにも、ここにも・・ 12:00
《野の花 キランソウ》 (登山道横) 12:04
道縁には、オオイワカガミが・・一杯 12:07 時々見える、マキノ町を眼下に 12:09
道の両側に、花を見つけながら、
ジグザグと登っていく 12:11
《山の花 イカリソウ》 可憐 12:15
《山の花 カタクリ》 おぉ〜、会えた!
12:19
ブナの樹林帯に入ってきたようだ 12:20
《山の花 イワウチワ》 
おっ、早春を飾るイワウチワが満開 12:21
《山の花 オオバキスミレ》 
近畿では、ここ以北しか 12:28
《樹の花 ムシカリ》 葉なく、花だけ 
(粟柄越(あわからごえ)手前) 12:40
粟柄越(あわがらごえ)に到着 12:41

 粟柄越から、稜線尾根を行くと、赤坂山・山頂! “ササと潅木の高原散歩”と、ガイドブックに書いてあったが、北風が寒い・・。 山頂では、琵琶湖・伊吹山・隣の三国山などの景色をざっと見渡したあと、寒さを逃れて、三国山方面へ下山。
粟柄越(あわがらごえ)は、高島トレイルの通過点
 12:42
粟柄越(あわがらごえ)過ぎの石仏地蔵 12:44
粟柄越(あわからごえ)から、高原を山頂に向う
 12:45
正面が山頂。 もうすぐ。 でも、強風で寒い 
12:49
山頂への高原道から振りかえると・・・琵琶湖 
12:52
赤坂山・山頂! 12:52
赤坂山・山頂の三角点 12:53 展望は360°・・・方位盤 (赤坂山・山頂) 
12:53
赤坂山・山頂から、伊吹山・金糞岳方面を遠望 
12:53
“明王の禿”に向って、赤坂山・山頂から下りる 
12:55

山頂下の潅木の中で、寒さをしのぎ昼食をとった後、“明王の禿”へ。ここは、花崗岩の風化した岩が露出してガレ場となり、荒々しい風景が展開している。 ・・・でも、その手前の(雪で曲がった)ブナ林の低木の下には、イワウチワが満開! 可憐・かわいい・ピンク!
赤坂山・山頂下から、左・三国山&右・明王の禿を眺める 13:24
《山の花 ミヤマカタバミ》
(赤坂山・山頂下) 13:21
新緑の春と、耐えた冬の境目模様。
左・三国山、右・“明王の禿” 13:24
“明王の禿”に向って進む。 
ここは、低潅木の林 13:29
あれが、“明王の禿”
花崗岩の風化した岩が露出 13:31
《山の花 イワウチワ》 
ブナ林の下部に・・満開! 13:33
“明王の禿”手前のブナ林を行く。 
道端には、イワウチワ 13:34
ここが、“明王の禿”。 
花崗岩の風化した岩が露出 13:35
“明王の禿”から、琵琶湖を見下ろす 13:37

“明王の禿”を過ぎ、三国山・分岐から三国山を往復。三国山は、赤坂山よりも高くて、876m。 途中、モクレン属のタムシバや色あざやかにイワウチワ・・と、春のブナ林世界を楽しみました。
荒々しい“明王の禿”を、横から眺める。 13:38 《樹の花 キンキマメザクラ》
かわいい桜!(三国山分岐手前) 13:47
ブナ系雑木林を歩いて行く。 
足元にはイワウチワのピンク 13:49
(雪で曲がった)ブナ系雑木林を歩く 
(三国山分岐手前) 13:56
中央分水嶺・高島トレイルの旗が、木に 13:58 三国山への分岐点 13:59
ピンクのイワウチワが咲き乱れるブナ林を、
三国山へ上っていく 14:02
《山の花 イワウチワ》 
ブナ林に咲き乱れる (三国山へ) 14:06
三国山へ、階段が続く 14:09 記念撮影 三国山・山頂 14:18
三国山・山頂 三等三角点 14:19 三国山から、分岐に向って戻る (遠くに琵琶湖)
 14:19

三国山・分岐から、黒河峠へ向う。 タムシバの白い花や新緑を楽しむ。黒河峠へ出たあとは、マキノ高原への林道歩き。長い道のりを覚悟してかかりましたが、谷間の新緑を楽しみながらの歩きでしたので、結構楽しく歩けました。
三国山から、タムシバの咲く道を、
分岐に向って戻る (遠くに琵琶湖) 14:22
《山の花 ショウジョウバカマ》
(三国山からの下り) 14:28
三国山から黒河越へ。湿地帯を通る 14:32 《樹の花 タムシバ》 
(三国山から黒河越へ) 14:38
タムシバの咲く道を、三国山から黒河越へ 14:39 アザラシ岩 (黒河越へ) 14:43
黒河越(くろこごえ)へ向う 15:07 高島トレール《黒河峠(くろことうげ)の看板 
15:11
《樹の花 ハウチワカエデ》
(黒河越から白谷への下山道) 15:16
“明王の禿”方面を見上げる 
(黒河越から白谷への下山道) 15:26

本日の山歩きで、印象に残った花々です。ブナ林・下縁に咲く早春の花『イワウチワ』、軽やかに咲く『タムシバ』、赤坂山と言えば『オオバキスミレ』・・・。可愛い花々を、もう一度見てください。
《山の花 オオイワカガミ》 だぁ! 11:57 《山の花 イカリソウ》 可憐 12:03
《山の花 オオバキスミレ》 
近畿では、ここ以北しか 12:29
《山の花 イワウチワ》 
これは、薄いピンク色 12:31
《山の花 ミヤマカタバミ》
(赤坂山・山頂下) 13:21
《山の花 カタクリ》
(三国山分岐手前) 13:43
《山の花 イワウチワ》
大柄で、あでやか! (三国山分岐手前) 13:46
《樹の花 タムシバ》 
(三国山から黒河越へ) 14:38