関西100名山 皆子山
2011年12月14日 京都府と滋賀県県境にあり、京都府最高峰で
ある皆子山(みなごやま)に登った。山頂から左右に拡がる尾根筋
の形は鳥の翼に似ていると言われている。独立峰的な山容に
加え、主として谷路を登るので、登り甲斐があるとされる。
週間予報では雨だったが、晴天大山人のお陰か?晴天で、青空。
向かいの比良山系(武奈ケ岳・蓬莱山)がくっきり!

関西100名山。 972m
皆子山山頂・風景 13:56
岩を登り、渓流の端上にかけられた木道を、足をすべらさぬように歩く。
沢を渡ったと思うと、すぐ渡り返す。なんと・・約25回。
渡されたロープなど難所にはお助け縄が設置されているが、慎重に歩く。
すべりそう!木の枝で支えられた橋を、
注意深くわたっていく。 10:46
またもや、折り返して渡渉 (8回目) 11:41
渡渉 (9回目) 11:51 渡渉 (23回目)。 13:03

足尾谷橋から、沢に沿って林道を歩いていく。
中村発電所の水路を過ぎると、林道は細くなり、
山道に。山道を歩いていくと、最初の渡渉だ。

皆子山:地図 足尾谷橋から出発。この空の青さ! 10:03
沢に沿って、林道を進む 10:06 関西電力の中村発電所の水路がある。
 10:12
山道に入る 10:14 山道をふさぐ倒木を、よいしょと越える。
 10:19

さぁ最初の橋を渡ろうとしたが、なんと、橋が流されていて渡れない! 渡渉できる場所を何とか探してもらって、最初の渡渉。 沢に沿った登山道を歩き、右へ行ったり左へ行ったり、渡渉を繰り返し、二股の谷分岐を渡り、レスキューポイント『足尾谷 1』へ。
これが流されて渡れなくなった、最初の橋!
 10:30
なんとか、岩を渡りつないで、渡渉!10:33
やっと、渡渉完了。 登山道を歩き出す。 10:35 大きな岩の段差を、よいしょと登る。 10:37
杉林と沢の間の道を進んでいく。 10:40 木の枝で支えられた橋を、おっかない
姿勢でわたる。 10:44
うっすらと積もった雪の道、山腹を歩いていく。
 10:59
渡渉 2回目11:03
置かれている標識。 
ツボクリ谷から皆子山方面はこの先で左折。 11:08
岩がゴロゴロの沢沿い道を進む。 11:08
結局、大岩をロープで巻いて、木の橋を渡る
(6回目) 11:25
“レスキューポイント・足尾谷1”の看板がある。 11:26

沢に沿って、まだまだ登っていく。苔むした岩に白い雪が積もり、きれい。 “沢歩きは、雪の季節よりも、夏の方がすずしいね”という声が上がりましたが、ここはヒルがいるので、この季節が最適なのです。 陽射しのある広い場所に到着。すごく大きなトチノキが目印。ここで昼食休憩。
全員、渡渉終わり、元気に大岩のある道を進む。 
11:30
苔むした岩に、白い雪が積もり、きれい。 11:34
渡渉 (7回目) 11:39 またもや、折り返して渡渉 (8回目) 11:41
渡渉 (10回目) 12:00 滝の横の岩をよじ登る。 12:10
渡渉後、横の岩を登る。 12:12 渡渉 (15回目)。 12:16
渡渉 (21回目)。 12:30 トチの大木の周りで昼食。上を向けば、青空 12:47

トチノキの大木の下で休憩の後、歩き出す。谷分岐に標識があり、左折。 谷に沿って、どんどん登っていく。急坂。沢の水も消え、尾根筋を登って、登っていくと、やっと山頂。ああしんど。
トチの大木の周りで昼食。上を向けば、青空 12:47
トチノキの大木 12:46 トチの大木 12:56
昼食を終え、出〜発。 13:00 この標識が目印。ここから、左折して山頂への
登りに入る。 13:01
どんどんと、沢の源流部に向かって登っていく。 
13:07
きつい登り! 13:10
山頂に向かって、ひたすら沢の源流部を登る。
 13:23
沢跡を離れ、尾根を登っていく。きつい。 13:29
もうすぐ山頂の気配だが・・キツイ。 13:32 青空が多くなってきた。もうすぐ山頂だ! 13:42

山頂! 目の前に比良山系。武奈ケ岳や蓬莱山の山頂部に雪が被りくっきりと見える。
三等三角点がある。無風・青空!ゆったりと、風景を楽しむ。
皆子山・山頂に到〜着 13:43
皆子山山頂から、武奈ケ岳・蓬莱山方面を遠望 13:47
記念撮影 (皆子山・山頂) 13:46 三等三角点 (皆子山・山頂) 13:48
皆子山は、「大原の里10名山」でもある。
レスキューポイント「皆子山2」 13:49
皆子山・山頂風景。 13:56

風景を楽しんだあと、下山開始。 分岐。右方の寺谷出合方面は、またもや沢歩きになるため、
左折して“東尾根”方面に行く。杉林と広葉樹林を、交互に進み降りていく。下山場所は、お寺(正教院)だ。国道367号線に出ると、平バス停。
山頂で展望を楽しんだあと、下山開始 14:00 写真では写らないが、琵琶湖の端が見える。 
14:02
寺谷との分岐。左・東尾根へと向かう。 14:03 杉林と広葉樹林の間を下りていく。 14:07
所々に、“平”と書かれた矢印の
標識があり、ホッとする。 14:32
明るい広葉樹林の中を下りていく。 14:45
手入れされている杉林は、急な下りだ。 14:54 杉林の間から、お寺が見えてきた! 15:13
お寺(正教院)に到〜着 15:15 「平」バス停 (京都バス・江若バス) 15:22