八甲田山 標高1584m
八甲田連峰は、高田大岳や井戸岳ら10の山々からなる北八甲田と、櫛ケ峰ら6つの山々からなる南八甲田に大別される。主峰は八甲田大岳。連峰は那須火山帯に属し、地獄沼やその周囲にはガスを噴出する噴気口が残るなど、火山の名残が見られる。最大の魅力は広大な高層湿原だろう。夏には高層湿原ならではの貴重なトンボが多く見られる。

周辺おすすめ情報
酸ケ湯温泉
八甲田山の西麓900mの高地にあり「雲上の霊泉」ともいわれる。
八甲田山雪中行軍遭難資料館
当時の遭難記録写真や新聞記事などが展示されている。
十和田八幡平国立公園
八甲田山連峰の大部分を含む。
八甲田山:地獄湯の沢を歩く 八甲田山:八甲田大岳(1584m)山頂
八甲田山:ミヤマオダマキとイワカガミ 八甲田山:かの有名な湯治場“酸ヶ湯(スカユ)”
2003年6月15日
 八甲田山は、名前のとおり、こぶこぶの1200m級の
成層火山が連なる円錐の山群です。
雨ではなく、霧の中を歩きましたが、すずしくて、
きれいな植物とも、多く会え楽しい歩きでした。


ミヤマオダマキが、紫いろであでやか!
 東北は、なんといっても《温泉》。
城ノ倉温泉と、酸湯(すかゆ)に浸かって満足満足。
秋の紅葉時期に、是非再訪したい!と思っています。
八甲田山:城ヶ倉の風呂(内・露天)