大山 標高1729m
 
  2013年6月1日 鳥取県にあり、中国地方の最高峰である、大山(だいせん)に
  登りました。2005年以来です。《伯耆富士(ほうきふじ)》と呼ばれ、身近な
  存在と思っていましたが、はや8年! 本日は、『山開き』なので、登山グループ・
  若者たち・家族づれ・・と、大勢の人々が登って(追い越して)行きます。
  皆に愛されている山だと、実感しました。

  日本100名山。 新日本100名山。 1709m(弥山
8合目付近から左方の北壁を眺める。 10:02
溝口方面から眺める『伯耆富士』  14:29

大山・登山地図
 
 駐車場から夏山登山道を登っていく。僧坊跡や阿弥陀堂など、山岳宗教の歴史
 を感じながら、木の階段を登っていく。1合目という表示でも、「もう疲れた!」。
 新緑に包まれて登る。タニウツギのピンクの花。下を向くと、クルマバソウや
 ユキザサの白い花が雨に濡れている。3合目あたりから立派なブナ林。
 5合目を過ぎ、“行者コース分岐”を越えると、6合目。
 
駐車場横の看板・・中国自然歩道。 7:22 新緑の中、夏山登山道を進んでいく。 7:38
 
ここが・・・一合目! すでに階段疲れ。 7:40 新緑の中、木階段が続く。階段整備した人々の
苦労を思いつつ、脚が痛む。 7:55
 
家族連れ・・子供にも抜かされた! 7:59 きれい! 《樹の花 タニウツギ》 8:31
 
標高1200m  8:43 5合目にある“山の神さん” 8:53
 
行者谷分かれ。 頂上まで、あと1.4km 9:00

6合目から、下方を眺める。 9:29
 
6合目からの尾根道は、下方には《日本海・中海・米子市街》などの景色が拡がり、左方には《絶壁の北壁》が続き、コイワカガミなどの高山植物が見つかり・・・階段での疲れを忘れさせてくれる。8合目を過ぎて、ダイセンキャラボクの純林が現れると、頂上台地。山頂へと続く木道の先が、弥山・山頂だ。 神主さん等が山開きの行事で、安全祈願。
 
6合目過ぎ、左方を見ると・・北壁が切り立つ。 9:38 7合目! 9:40
 
眼下には、美保関や中海がくっきり。 9:49 歩いてきた登山道を見下ろすと・・
新緑の尾根道に、登山客が連なる。 9:55
 
なんと!《高山の花 ツガザクラ》が、岩間に。 
9:59
8合目目指して、登っていく。 10:02
 
登山も終盤。尾根先をぐるりと回っていく。 10:14 “ダイセンキャラボク”の純林の中、木道を進む。
左方には、切れ落ちた崖。10:18
 
頂上まで500m。 周回木道の分岐点。 10:19 “ダイセンキャラボク”の純林の上、頂上へと、
木道を進む。 10:26
 
一番奥の人がいっぱいの場所が弥山。
手前が避難小屋。 10:36


弥山頂上。 山開きの儀式が行われている。
 10:52
 
頂上避難小屋で昼食休憩の後、下山。 登ってきた道を下り、6合目を少し下りたところの《行者コース分岐》を右折。やはり木段を下ると、元谷へ。 元谷からは、あの北壁が圧倒的な迫力で拡がる。 崩れが発生する音が、あたりに響く。
 
“ダイセンキャラボク”の純林の上、木道を下る。 
11:26
湧き上がる雲の向こうに、日本海と中海が見える。
 11:30
 
下山の木道のすぐ横も、崖崩れ! 11:36 《高山の花 コイワカガミ》 きれい! 11:49
 
6合目を過ぎ、“行者谷分かれ”から、元谷方面に
下りていく。木段ばかり。 12:41
新緑に包まれて、木段を下りていく! 12:48
 
ひたすらに、新緑の中を下っていく。 13:03  元谷を渡る。 
これは、すべて北壁が崩壊した土砂。 13:16 
 
元谷へ下山後、大山の北壁を見上げる。 13:18

 
 雄大な北壁の真下にある元谷を渡って、登山道を下っていくと大神山神社奥宮。 大神山(おおがみやま)とは、大山の古名だそうで、昨夜は、山開きの前夜祭が行われた。 ここから参道を下り、大山寺の鳥居を横目に直進すると・・・駐車場。
 
大神山奥宮
(昨夜は、ここで山開き前夜祭が行われた) 13:49
大神山奥宮入口の鳥居。 13:54
 
吉持地蔵 (大神山奥宮への参拝道沿い) 13:59 見えるのは、大山寺の山門 14:06

出雲は神話にも登場する古い国で、大山は昔から人々が崇めてきた山である。しかも、中国地方の中にあって、”図抜けて高く、秀麗な容(かたち)を持っている”山である。さらに、頂上付近の崩壊のみごとさ。”北壁が夕陽に染められた時の美しさは、古陶の肌を見るかのようであった。南壁は晴れた朝の陽で見た。脆い崩壊の一つ一つがクッキリした影を持ち、その上に尖ったピークが突っ立っている。”頂上近くには、特別天然記念物のダイセンキャラボクの純林がある。
 
2008年2月11日 スノーシューの体験ツアーで、大山に
    行きました。大山は、見る角度によって、全く違う姿を
    見せてくれます。今回は、東南・西・北から遠望しました。
    西側(溝口町付近)から見る姿は、伯耆富士(ほうきふじ)。
スノーシュー・大山:東南から見た、大山の雄姿 (SAひるぜん高原から) 10:45 スノーシュー・大山:西方から見た、
《伯耆富士・大山》 (高速・米子道にて) 11:08
スノーシュー・大山:雄大な、大山の北壁(大山寺駐車場より) 11:43

2005年5月5日に、大山(だいせん)へ登りました。
大山は、古くから信仰を集めていた山で、出雲富士とか、伯耆(ほうき)富士とか呼ばれています。見る方向によって、その姿が全く異なり、それぞれの名前のつけ方に納得・感動しました。
  《見る方向》を変えた、写真です
大山:蒜山PSから見た大山・南壁側a 米子中心部から見た大山(出雲富士の感)
18:26a

米子側から見た大山(出雲富士の感)6:54
ブナ林の新緑を登る8:10a
花シリーズ
 こんなところに、コイワカガミが・・と言いつつ撮った写真を集めてみると、結構色々。まだ、本格的な花のシーズンではないのに・・・。資料を見てみると、大山は、花でも有名だったのです!大山の山頂に立つと、登ってくるときの北壁と同じように南壁も、崩落状態。ペーパーナイフのような尾根なので吃驚しました。新緑のすがすがしさと、自然のすごさを見てきました。
登山道の横にな〜と《コイワカガミ》が!
8:18a
ブナ林の新緑に《オオカメノキ》の
白い花が映える8:21a
登山道の側面に《コミヤマカタバキ》
の白い可憐な花が8:30a
ブナ林に《コブシ》の花が8:59a
6合目の残雪を登る9:59a もうすぐ9合目。疲れています!10:12a
階段の下には《ダイセンキャラボク》の純林!
10:42a
山頂だ!(山岳パトロールの人に撮ってもらった)10:54a
南壁も(左右とも)崩落進む尾根10:56a ここにも《ショウジョウバカマ》
温かい場所なので11:56a
《ダイセンヒョウタンボク》12:07a 登山道で楽しませてくれた《ミヤマスミレ》
13:18a
壮大な大山 北壁10:56a
《ジンチョウゲ》13:44a 溝口町側から見た“伯耆富士”大山14:58a