日本100名山 赤石岳
北側に小赤石岳を従えた大きな山容は、どっしりと落ち着いた雰囲気があり、どこから見てもその存在感を感じる事ができる。名実ともに赤石山脈(南アルプス)の盟主であり、主峰の風格が備わった山である。古くから信仰登山の対象として登られた。

2008年9月3日 
南アルプス南部の盟主と言われる、赤石岳に行きました。悪沢岳からの縦走です。昨夜は荒川小屋に泊まり、本日は赤石小屋に泊まる予定でしたが、朝から天候に恵まれ快晴!歩く早さも快調で、はかどった為、赤石小屋を通り越して、椹島ヒュッテまで下りてしまいました。 まぁ、どこから見ても堂々とした山容には、圧倒されます。
 日本100名山。  新日本100名山。 3120m
赤石岳:雄大な、赤石岳を遠望。(小赤石岳手前から) 8:11

 南方、目の前の聖岳(ひじりだけ)から見る赤石岳は、広々とした 山頂と、両側におおらかに拡げた裾野を持つ。 千枚小屋からの朝焼けの赤石岳は、小赤石岳と相似のように輝いている。 身近で見ると、その毅然とした美しさに圧倒される。
08-8月15日 奥聖岳山頂から北東に、
雄大な赤石岳を遠望 (後ろは、悪沢岳) 8:18
08-9月3日 千枚小屋付近から見た、朝焼けの
赤石岳。(左) (右は小赤石岳・・佐藤和信さん写) 
08-9月3日 赤石岳:北沢カールに沿って
下山しながら、赤石岳を、振り仰ぐ 9:50
08-8月15日 聖岳・山頂から、前に聳える赤石岳の雄姿を見る 7:42



昨日とはうってかわって、本日は、朝から快晴! 朝陽に照らされた、雲海に浮かぶ富士山を拝んだあと、いよいよ赤石岳に向って出発!歩き出すとすぐ、お花畑に遭遇。パチリ。
朝陽に輝く、雲海に浮かぶ富士山 
(荒川小屋より) 5:29
いざ、赤石岳に向って、出発だ 6:23
振りかえると、荒川小屋・同宿者の姿・荒川前岳の雄姿
 6:31
《高山の花●ヨツバシオガマ》
(荒川小屋から大聖寺平へ) 6:36
《高山の花●タカネヤハズハハコ》
(荒川小屋から大聖寺平へ) 6:36
《高山の花●コイワカガミ》
(荒川小屋から大聖寺平へ) 6:36
《高山の花●チングルマ》 おぉ、まだ花が・・
(荒川小屋から大聖寺平へ) 6:36
ハイマツの間の斜面道を、大聖寺平へ向う 6:38
遠方には、中央アルプス (大聖寺平にて) 6:49 くっきりと、左・荒川前岳・中岳、中央・悪沢岳、
右・千枚岳 (大聖寺平より) 6:49


大聖寺平から“小赤石岳の肩(約3000m)”までは、砂・礫の急登。 大きな岩を見上げながら、あえぎつつの登りでしたが、そこは快晴。 立ち止まっては、荒川三山や中央アの景色を楽しみます。 “肩”に登り切ってからは、小赤石岳まで。 富士山・赤石岳・荒川三山・南アの名峰を遠望しつつ・・・歩く。  まさに、《稜線漫歩》でした! これも、無風・快晴のお陰!
大聖寺平から、砂利道を登って小赤石岳に向う 
6:56
ダマシ平付近から。 くっきりと、
左・荒川前岳・中岳、中央・悪沢岳、右・千枚岳  7:03
小赤石岳の肩へ、あえぎながら登る。 
上方遠方には、小赤石岳 7:20
くっきり。昨日歩いてきた、左・荒川前岳・中岳、
右・悪沢岳。 荒川小屋も。 
(小赤石岳の肩へ、登る途中) 7:37
小赤石岳の肩へ、登る途中、眼下のダマシ平を
振りかえる 7:37
荒川前岳の、大崩壊地を遠望す 
(もうすぐ小赤石岳の肩) 7:45
小赤石岳の肩に、到〜着 7:46 小赤石岳の肩から、前方の小赤石岳・赤石岳を遠望。 これから稜線漫歩だ 7:47
すれ違った人が行く。 
ゆったりとした、稜線漫歩 7:54
小赤石岳への稜線歩き。 眼下に、雪渓 7:57
小赤石岳への稜線歩き。 
赤石岳が、ぐんぐん大きく 8:04
小赤石岳に到着 (3081m) 8:07
小赤石岳手前から、赤石岳を遠望。赤石岳の裾野と、聖岳から続く尾根。 8:05
これが、赤石岳だぁ! (小赤石岳より)
 8:09
小赤石岳から続く、ラクダの背・東尾根 
8:09


小赤石岳(3081m)から、少し下り、“北沢源頭への分岐”から
赤石岳へ、とりつきます。 でっかい山に登っていくという実感。
小赤石岳・山頂から、赤石岳を仰ぐ 8:12 小赤石岳を過ぎ、いよいよ、赤石岳に向う。 
でっかい!8:14
眼下には、北沢源頭の雪渓 8:14 小赤石岳を過ぎ、稜線を、赤石岳に向う。 8:17
赤石岳への登りに、とりつく 8:28 赤石岳への登り。 
だんだんと、高度を上げていく 8:31
赤石岳への登り途中、ふりかえる。
 手前の山は、小赤石岳。奥は悪沢岳 8:35
赤石岳・山頂! 
ポールは、赤石岳・西側のもの 8:38


間近に迫る聖岳や悪沢岳・荒川二山の眺め!
遠方にそびえる、南アの名峰群!
この広々とした立派な頂上を、見てください。
赤石岳・山頂標識! 
これは、赤石岳・西側のもの 8:38
赤石岳・山頂風景。 向いは、聖岳! 8:39
赤石岳・山頂風景。 
西側から東方を見る。中央に、避難小屋が 8:39
とにかく広い、赤石岳山頂、風景 8:42
記念撮影 赤石岳・東側の山頂にて、悪沢岳を背に、
100名山達成まであと1座! 8:48
赤石岳・東側の山頂から、向いの聖岳を遠望。 
左後ろは、上河内岳 8:54
赤石岳・山頂(東端)から、西方を見る。これ、すべて山頂。大きいです! 9:10
赤石岳・山頂より、ずらりと、南アの名峰群を遠望 
9:13
赤石岳避難小屋と、西側山頂方面を遠望 9:15
赤石岳・山頂から、“馬の背”、
“百間平”方面を、見下ろす 9:19
赤石岳・西側山頂にある、山名盤 9:21


山頂に別れを惜しんだあとは、下山。
カールの北沢源頭では、お花畑! それも、咲き誇っている花もあれば、
秋に向って実をつけている花もあり、楽しみながら・・・。
富士見平では、雲が一杯で、“悪沢岳を正面から見る”こと叶わず。
時間的に快調。 赤石小屋の宿泊予定をはずし、そのまま椹島ヒュッテへ。
すばらしい景色を惜しみ見ながら・・
赤石岳・山頂から下山。 9:28
あらためて、北沢源頭への分岐から、
赤石岳を見上げる 9:40
《高山の花●イブキジャコウソウ》 
カールに咲く  (北沢源頭への分岐) 9:44
《高山の花●オンタデ》 真っ赤・・ 
(北沢源頭への分岐過ぎ) (12)
北沢カールに沿って、ガレ道の急坂を下りる 9:48 《高山の花●ミヤマダイコンソウ》 
赤くなった、葉 (北沢源頭への下り、お花畑) 9:55
お花畑から、北沢カールを、見上げる 9:59 《高山の花●タカネヒゴタイ》 
(北沢源頭への下り、お花畑) 10:00
《高山の花●タカネマツムシソウ》 
(北沢源頭付近、お花畑) 10:08
《高山の花●シナノオトギリ》 
(北沢源頭付近、お花畑) 10:10
《高山の花●ヒメシャジン》 
(北沢源頭付近、お花畑) 10:16
《高山の花●ホソバトリカブト》 
(北沢源頭付近、お花畑) 10:21
ダケカンバ林の斜面道を歩く 10:36 木道。 すべるので、注意深く歩く 
(富士見平手前) 10:41
富士見平。 目の前に悪沢岳がそびえている・・
はずが、雲の中 11:06
富士見平から、シラビソ樹林の尾根道を進む 
11:19
赤石小屋の正面 (宿泊予定だったが)、
椹島ロッジまで直行することに 11:36
下山道は、しらびそ樹林の中 
(赤石小屋を過ぎ、椹島ロッジへ) 12:07
杉林の急坂を、ジグザグに下りていく 14:57 最後の階段・・・登山口に到着! 15:06
椹島ロッジに到〜着 15:21 牛首峠から、赤石岳を見上げる
(椹島ロッジからの帰路、バス車内から) 6:33